2007年 06月 02日 ( 1 )
愛するものとの別れ
実家のプリンタを買いに行きました。



ことのいきさつは金曜の昼過ぎ、いきなりオカンから一通のメール。








「生きてる?プリンタ壊れたから買って。」









いや、そんないきなり無茶苦茶な・・・・・。




とりあえず金曜は仕事が17時過ぎで終わったので駅までダッシュし、急いで実家に行き、プリンタの調子を見る事に。



確かにインクが出ない。

インク交換、ノズルのクリーニング、パターン印刷・・・・ダメだ。



BJ S530・・・・私がまだ大学生というモノだった頃、エロゲの攻略サイトや画像の印刷に使いたくて買ったプリンタ。


よく丸5年ももってくれた。


お疲れ様。



自分の少ない持ち金で買い、愛着があったモノだけに名残惜しいが、これも時代の流れか。





という事で、次の日に仕事が終わってから近所のPit Oneへ行き、自分の家にすら無い複合機を買うことに。






しかしまぁ・・・・最近の複合機は・・・・凄い。


プリンタとしての機能しか無いBJ S530ですら5年前は3万以上したのに、今やコピー機能や、メモリーカードや携帯から赤外線通信を使ってダイレクトに印刷したり、とんでもない仕様になって3万以下とわ。





そして

「パソコン初心者でも使いやすそう」→液晶付き


「そこそこ綺麗」→6色ぐらい


「汎用性がある」→EPSONかCanon


「安い」→2万ぐらい





以上の条件より、EPSONのPM-A820にしました。



こやつ・・・・研修中の店員を相手に困らせながら交渉の末、標準で付属しているものともう一つインク6色セット、さらにKGサイズの用紙60枚を付けてもらって20000円とちょっと。


BJ S530に比べると、なんという安さ。




そもそも、解像度なんてこんなモンで十分。






ヒーヒー言いながら家まで運び、セッティングをし、一通りオカンと妹に説明。







おニューの複合機が実家に入ったのを羨ましがりつつ、動かなくなった我が愛機BJ S530との思い出にニヤニヤしながら実家を後にし、閉店ギリギリまでPit Oneで複合機を眺めていました。
[PR]
by deicavalieri2 | 2007-06-02 23:38 | リアル話