力勝負って楽しいな
高校総体 自転車競技の2日目が終わりました。




思えば開始式の日の朝、いきなり所長の一声「だんじりのビデオ流したらえぇんちゃうん」から始まり、近所に住む関係者の方々の協力もあり、急遽だんじりビデオを場内TVに流して始まった高校総体。



高校生とは言え、見てて面白いし、連日朝5時半に起きて、7時過ぎ入りという過酷なスケジュールであっても、やりがいを感じられます。





それもこれも競輪でいう、勝てない選手を集めた「一般戦」が無いからではないか。



ただの頭数合わせではなく、常に「勝ち上がり」を意識した、緊張感溢れるシステム、そしてテンポよく進むスケジュール。

実況の橋本氏も「こんなにスケジュール詰めまくりで、しんどいとは思わんかった!!」と言うほどのノンストップ進行。




先日のびわこFⅠに出てた6番車「○木 克○」という選手。

競争得点は62点台。

目下9走連続9着中だったかなんか。

バックで既に画面の外。



そんな彼の昨年の獲得賞金は800万以上、今年でも半年で既に400万以上、チックショーッ!!




ついでに最近S級でも、こんな得点でS級か!ってぐらいの選手が。






競りや牽制を抑止するUCIルールってのが最近話題になってますが、脚が無いくせにラインを理由に「展開」が向かないと自力で勝てない追い込み屋なんぞ、見てて腹立ちますわな。


行き切れないんじゃないよ、自分の脚が無いから「行っても相手にならん」のだろ。


決まり手「逃げ」「捲り」が出せない選手はいらないよ。







部長からなんか競輪の資料を貰ったものの、パワーポイントのため、閲覧できなくて凹みながらそんな事を思いました。



明日も5時半起床なので寝ます。
[PR]
by deicavalieri2 | 2006-08-04 22:19 | 競輪
<< 若いのを見てると元気が貰えるね 実はワンセグも満足に見れん >>