ガンって恐いね
リリーフランキーの「東京タワー」を数ヶ月越しで完読しました。





数ヶ月前に、TVも新聞も見ない私でも流行が分かる、心のバイブル「日経エンタテイメント!」で「コレがイチオシの本!」みたいなカンジで紹介されとったんですが・・・・・






桜を見ても綺麗と思わない、どこぞの人が死んだーって言っても他人事なんぞ知るかぁっ、とエロい事と金の事以外に何も関心が沸かない私、リリーにしちゃこりゃカタ過ぎる、と思って放ってましたが、電車の中で読むものが無かったんで読んでました(ぉ








結局この作品もそう。






泣けた、感動した、という周りの声があったんで、案外拍子抜け。



心に残ったのは15歳の男の船頭のうた。






まぁ・・・・ママンは生きてるうちに大事にしちゃらなアカンなぁって気持ちにはなりました。






でもやっぱり、下ネタを思い出してはニヤニヤと笑ってしまうのでありました。
[PR]
by deicavalieri2 | 2006-04-09 22:54 | リアル話
<< カネやカネや~ 世の中ゼニや~ >>